/

この記事は会員限定です

仮想通貨「不正」一括で把握

警察庁、システム導入へ 取引履歴たどりやすく

[有料会員限定]

警察庁は、仮想通貨の取引履歴を効率的に把握するシステムを導入する方針を固めた。仮想通貨は匿名性の高さから、犯罪やマネーロンダリング(資金洗浄)に悪用される可能性が指摘されている。取引の流れを俯瞰(ふかん)的に追跡できるようにすることで、仮想通貨がからむ犯罪の捜査に役立てる。

警察庁は2019年度の概算要求に、仮想通貨を含めサイバー空間の脅威に対処するため計27億円を計上した。

ビットコインなどは取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン