/

この記事は会員限定です

共に働く社会 道半ば

障害者雇用、企業にも課題 求人は「軽度」に集中、仕事内容調整は及び腰

[有料会員限定]

障害者雇用の旗振り役であるはずの中央省庁の間にまん延していた雇用者数水増しの実態が28日、明らかになった。ずさんな数字の扱いの背後には、障害者の自立や活躍への無関心が透ける。障害者雇用の現場では求人の偏りや就職後のケアなどに課題は多く、関係者は「数合わせではなく、一人ひとりの障害者に向き合う姿勢を持ってほしい」と訴えている。(総合2面参照

ハローワーク静岡(静岡市)の障害者雇用の担当者は「職探...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン