/

この記事は会員限定です

大分県、留学生の起業支援 専門員相談やプレゼン

卒業後も定着狙う

[有料会員限定]

留学生の県内在住者の割合が高いにもかかわらず、低い定着率に悩む大分県は、卒業後も残ってもらおうと、留学生らの起業支援に力を入れている。県内企業の外国人の受け入れ態勢が整っていないことが大きな理由で、留学生の卒業後の新たな受け皿として期待している。

「最初に出す事業計画書が重要」。別府市の「おおいた留学生ビジネスセンター」で、行政書士の説明に、起業を目指すバングラデシュ人サダト・ナズムスさん(22)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン