大分県、留学生の起業支援 専門員相談やプレゼン 卒業後も定着狙う

2018/8/29付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

留学生の県内在住者の割合が高いにもかかわらず、低い定着率に悩む大分県は、卒業後も残ってもらおうと、留学生らの起業支援に力を入れている。県内企業の外国人の受け入れ態勢が整っていないことが大きな理由で、留学生の卒業後の新たな受け皿として期待している。

「最初に出す事業計画書が重要」。別府市の「おおいた留学生ビジネスセンター」で、行政書士の説明に、起業を目指すバングラデシュ人サダト・ナズムスさん(22…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]