/

この記事は会員限定です

自動運転の安全技術融合

トヨタ、ウーバーに追加出資 走行データ収集に弾み

[有料会員限定]

トヨタ自動車は28日、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズに5億ドル(約550億円)を出資すると発表した。両社の技術を融合させて安全性能を高めた自動運転車両を開発し、2021年にウーバーのライドシェアサービスに導入する。自動運転車を使ったサービス会社の共同設置も検討する。トヨタは自動運転時代の到来を機に、サービスに事業の軸足を置く姿勢を鮮明にし始めている。

「ウーバーとの提携はモビリティーカンパニーへと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン