/

この記事は会員限定です

車部材、NAFTA域内調達75%に

米・メキシコ合意 「賃金条項」も導入

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米国とメキシコの両政府は27日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、2国間協議の合意内容を発表した。焦点の一つである自動車貿易の関税をゼロにする条件では部材調達比率を75%に引き上げる。今後のカナダとの交渉再開をにらみ、トランプ大統領は同国抜きの協定への移行もちらつかせて譲歩を迫る構えだ。3カ国で最終合意できるかが今後の注目点となる。(

関連記事総合面に

両政府は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン