2018年11月14日(水)

新興国通貨安 国際商品の下げ要因に
非鉄金属や金 需要減観測

2018/8/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

中国やインドなど新興国の通貨安が国際商品の下げ要因となっている。非鉄金属や金は需要減退観測が台頭。一方、レアアース(希土類)やコーヒー豆は生産国の輸出が拡大するとの思惑が働き、市場で売りが膨らんでいる。独歩高傾向にある米ドルで取引する商品に需給の緩みが生じてきた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報