2018年11月14日(水)

経済教室膨らむ高齢者の金融資産(下)認知症、状況に応じ支援を
電子取引監視で異状検知 成本迅・京都府立医科大学教授

2018/8/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

みずほ情報総研が昨年発表した試算によれば、認知症高齢者の保有する資産は約50兆円と見積もられている。

認知症とは、(1)脳の病気が原因でいったん獲得された認知機能が低下しており、(2)もの忘れや判断力の低下がみられ、(3)その結果生活がうまく送れなくなっている――状態のことを指す。記憶障害をはじめとする認知機能の低下と「物とられ妄想」やうつなどの精神症状がみられる。

これらの症状に伴って、社会生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報