/

この記事は会員限定です

(アジア大会)山県銅 9秒台触れた

陸上男子100、切り上げで10秒00

[有料会員限定]

【ジャカルタ=渡辺岳史】26日に行われた陸上男子100メートル決勝で、山県亮太(セイコー)は自己記録に並ぶ10秒00で銅メダルだった。中国の蘇炳添が9秒92の大会新記録で優勝した。

「アジア最強」の称号にはあと一歩届かなかった。1998年バンコク大会の伊東浩司以来の快挙はならず3位に終わり、山県は「表彰台の一番高いところに立って国歌を流したかった」。大一番での集中力は示したものの、悔しさをにじませ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン