/

この記事は会員限定です

レンゴー、定年65歳に

60歳から延長、給与は維持

[有料会員限定]

段ボール大手のレンゴーは2019年4月から、定年を現在の60歳から65歳に延長する。給与や賞与など処遇は59歳以前の水準を維持する。同社は05年に65歳までの再雇用制度を導入したが、賃金は定年前の約6割になっていた。

定年延長によって1年間の人件費が数億円増える。ただレンゴーは、処遇の改善で経験豊富なシニア層の士気を高めれば、人手の確保や生産性の向上、若手への技術の継承につながっていくとみて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン