/

この記事は会員限定です

がんゲノム医療、遺伝情報登録を義務付け

厚労省方針、普及促進へ集約

[有料会員限定]

厚生労働省はがん患者の遺伝情報から最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」について、効き目などを判断する患者の遺伝情報の登録を義務付ける方針を固めた。患者の遺伝子を調べた医療機関が国立がん研究センター(東京・中央)に登録する。がんゲノム医療は2019年度にも保険適用される見込み。義務化で情報を集約して普及を加速するのが狙い。

登録するのは、東京大学や北海道大学、京都大学などの全国11カ所の「がんゲノム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン