10万分の1 ベネズエラ、デノミの劇薬

2018/8/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

南米の産油国ベネズエラは20日、通貨の単位を5ケタ切り下げるデノミ(通貨単位の切り下げ)を実施した。ハイパーインフレで7月末の物価上昇率は年率8万2766%と、年内に同100万%に達するとされる。通貨の単位を一気に10万分の1にして経済の正常化を狙うが、インフレが沈静化する兆しはみえない。

「先週末に9570万ボリバルだった銀行口座残高が957ボリバルソベラノ(Bs)になっていた」。首都カラカス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]