/

この記事は会員限定です

ベビーシッター 割安に

ネット仲介や行政補助で都は1時間250円

[有料会員限定]

ベビーシッターが使いやすくなっている。利用者とベビーシッターを直接仲介するネットサービスが普及。待機児童問題の高まりから行政の補助も充実し始めている。急な残業や出張、子どもの発熱など困ったときは抱え込まずベビーシッターを使ってみるのも手だ。

これまでのベビーシッター派遣サービスはまず、利用者が派遣会社に登録。会社側が利用者のニーズに沿って自社で抱えるベビーシッターを派遣するのが一般的だった。数万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン