安く効果高い「中分子薬」実用化へ開発競う 塩野義や中外、拡大市場に先手

2018/8/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内の製薬各社が安価で効果の高い次世代医薬品「中分子」の研究開発を強化している。塩野義製薬は新薬開発に中分子の技術を全面的に導入。中外製薬は45億円を投じ国内に実験棟を新設する。実用化は世界でも少ないが2020年には5000億円超に市場が広がるとの予測もある。日本勢が先行できれば新薬開発で欧米大手から主役の座を奪う可能性もある。

中分子はタンパク質の断片である「ペプチド」や遺伝子の働きを制御する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]