/

この記事は会員限定です

服薬指導も在宅で 福岡市など特区で試験運用

[有料会員限定]

高齢者など在宅療養中の患者や家族にとって、薬を取りに出掛ける負担は小さくない。国は「オンライン服薬指導」を認める方向へとかじを切り、18年7月からは公的医療保険の対象とした。国家戦略特区に指定した福岡市、愛知県、兵庫県養父市の3地域で試験的に適用し、全国へと広げることを検討している。

現状ではオンライン診療を行った際でも、医師が郵送する処方箋を患者が薬局に持ち込んで薬を受け取る必要がある。「服薬指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン