2018年10月23日(火)

〈法トーク〉シンガポール法の理解必要 弁護士 栗田哲郎氏

2018/8/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

アジアにはシンガポールなど英米法の法体系を持つ国と、日本を含む大陸法系の国がある。栗田哲郎弁護士は「日本企業のアジア展開には英米法を理解することが不可欠。特にシンガポール法の重要性が増している」と指摘する。国際的なビジネス紛争を解決するための仲裁地としてシンガポールが選ばれることが多いからだ。法律のインフラが整っているうえ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報