/

この記事は会員限定です

2020改正債権法(6)保証人の意思確認新設

公証人の役割を拡大

[有料会員限定]

改正民法(債権法)では保証人保護のため、企業の事業資金の借り入れについて、経営者以外が保証人になる場合、公証人が意思を確認する手続きを導入した。手続きしない保証契約は無効になる。企業の実態を理解せずに保証人になり、多額の負担をかぶる悲劇を防ぐためだ。

公証人は公証事務を担う法律の専門家で、起業する場合の会社の定款を確認・認証する役割などを担う。裁判官や検察官OBなどから法相が任命し、全国に約50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン