/

この記事は会員限定です

海賊版サイト、幅広く対策

有識者会議共同座長に聞く 接続遮断にこだわらず

[有料会員限定]

NTTが実施を決めた海賊版サイトなど違法コンテンツのブロッキング(接続遮断)に関連し、政府が知的財産戦略本部の有識者会議を設立し、海賊版サイト対策の検討に乗り出している。インターネット技術の第一人者で、会議の共同座長を務める慶応義塾大学環境情報学部の村井純教授に聞いた。

――6月に有識者会議「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」が始まりました。

「法律家、出版社、技術者と多数の有識者が参加して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン