2018年9月23日(日)

中国、米AI企業取り込み
貿易戦争下、重慶で博覧会 クアルコムなど幹部来場

2018/8/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【重慶=多部田俊輔】米国と中国が23日に160億ドル(約1兆8千億円)相当の輸入品に追加関税をかけあう貿易戦争「第2幕」に入る中、中国内陸部の重慶では人工知能(AI)をテーマとした国際博覧会が開かれた。中国政府は2030年にAI関連市場を160兆円規模にする目標を掲げ、米国企業の先端技術を取り込もうと秋波を送っている。米国企業もその勝機を見逃せない。

 「中国は世界経済を成長させる新たな活力を育て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報