/

この記事は会員限定です

糖鎖研究 てこ入れへ指針

大阪大学名誉教授 谷口直之氏

[有料会員限定]

様々な生命活動にかかわっている生体内の高分子「糖鎖」の研究をてこ入れしようと、有志の研究者が中長期の展望を示す指針をまとめた。遺伝子やたんぱく質に続く有望分野ととらえられていたが、新薬開発や病気の解明などで期待された成果があまり出なかった。編集の中心となった谷口直之大阪大学名誉教授は「糖鎖研究を続けるための手引きにしたい」と話す。

糖鎖はグルコースなどの糖が鎖のようにつながった高分子で、細胞の表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン