/

この記事は会員限定です

薬価下げ新戦略(下) AIで治験期間半減

製薬各社、コスト減急ぐ

[有料会員限定]

製薬各社がこれまで手をつけてこなかったコスト削減に相次ぎ乗り出している。4月の薬価改定による収益下押し圧力に対応するためで、工場閉鎖や人員削減だけでなく、人工知能(AI)を使う臨床試験(治験)の短縮化にも着手する。

「これまで5年かかった治験が半分になった」

今年6月、米シカゴ市で開かれた世界最大のがん学会。スイス製薬大手ロシュの幹部の発表に聴衆の目はくぎ付けになった。ロシュが実際には存在しない患...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン