2018年10月18日(木)

春秋

2018/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「風とひのきのひるすぎに」。宮沢賢治が教え子とキャッチボールしたさまを「芝生」という詩に残している。岩手県の花巻農学校(現・花巻農業高校)の教師時代のこと。「灰いろのゴムのまり/光の標本を/受けかねてぽろつとおとす」。あっと声が上がるようだ。

▼きのう、第100回の夏の高校野球が幕を閉じた。賢治の詩にあるように、球を追うことそのものを楽しみつつ、粘り強い戦いぶりで際立ったのが雪国、秋田県の金足農業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報