/

この記事は会員限定です

海洋プラ問題に危機感

石化会議閉幕 日本「回収技術を支援」

[有料会員限定]

【クアラルンプール=新田祐司】石油化学業界の関係者が一堂に会する「アジア石油化学工業会議(APIC)」が21日閉幕した。関心を集めたテーマのひとつが海洋プラスチック問題。飲食店などではプラスチック製品の使用をやめる動きも目立つ。環境問題が成長市場に冷や水を浴びせかねない問題に浮上しているが、会議では明確な対策を見いだせなかった。

「化学業界が誤解されている。娘たちには化学メーカーはタブーのようだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン