2019年6月17日(月)

スタートアップ、盟友同士M&A
株公開・大手傘下選ばず 成長求め「第3の出口」

2018/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

資金調達のしやすさを背景に、スタートアップ企業間のM&A(合併・買収)が活発になってきた。買収による規模の拡大や経営基盤の安定、技術開発のスピードアップなどにつなげる狙いだ。新規株式公開(IPO)、大企業への売却に次ぐ「第3の出口」として定着すれば、分散していた資金や人材が集まり企業価値を高められる可能性が広がる。

「経営支援のノウハウを蓄積して財務戦略を企画、立案できる事業体をめざしたい」。こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報