/

この記事は会員限定です

タミフル 10代投与再開

厚労省、異常行動に注意喚起

[有料会員限定]

厚生労働省は21日、インフルエンザ治療薬タミフルについて、10代への投与を同日から再び認める通知を出した。服用後の異常行動が報告されたため、2007年から10代への投与を原則中止としていたが、同省の専門家会議がタミフルと異常行動の因果関係は明確でないと判断したことを受けた。

通知は同日付で製薬会社でつくる団体に出した。通知を受け、製薬会社は添付文書を改訂する。

子供のインフル患者の異常行動は依然...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン