2018年10月20日(土)

薬価下げ新戦略(上)製薬、米国シフトで挽回
アステラス・武田、国内上回る収入 新薬先行投入や研究集約で

2018/8/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

医薬品の価格を大幅に抑えることを柱とする今年4月の薬価改定が製薬企業の経営に大きなインパクトを与えている。国内市場に年約7200億円のマイナス影響が出るとみられているからだ。収益確保のため、経営の軸足を米国に移す動きが広がり、人工知能(AI)導入や早期退職募集など従来にないコスト削減に乗り出す企業も増えた。薬価下げに挑む企業を追った。

7月末。米シカゴ市内の武田薬品工業の拠点に、国籍や性別、専門…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報