/

この記事は会員限定です

薬価下げ新戦略(上)製薬、米国シフトで挽回

アステラス・武田、国内上回る収入 新薬先行投入や研究集約で

[有料会員限定]

医薬品の価格を大幅に抑えることを柱とする今年4月の薬価改定が製薬企業の経営に大きなインパクトを与えている。国内市場に年約7200億円のマイナス影響が出るとみられているからだ。収益確保のため、経営の軸足を米国に移す動きが広がり、人工知能(AI)導入や早期退職募集など従来にないコスト削減に乗り出す企業も増えた。薬価下げに挑む企業を追った。

7月末。米シカゴ市内の武田薬品工業の拠点に、国籍や性別、専門などが異なる社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン