/

この記事は会員限定です

AI翻訳、TOEIC900点級

富士通、製造・貿易業向け 文脈捉え自然な表現

[有料会員限定]

富士通は今秋、AI(人工知能)を使うビジネスメールなどの翻訳サービスを始める。まず日本語と英語が対象で、今後は中国語などにも広げる。ディープラーニング(深層学習)の手法で翻訳精度を上げ、従来より自然でなめらかな文章にできるという。製造業や貿易業務などでの需要を見込み、料金は月額約15万円から。3年間で150社への導入をめざす。

メールや一般会話の翻訳のほか、独自の業界用語や表現もAIに翻訳パターンを学習...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り611文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン