/

この記事は会員限定です

ブロッキング 混迷の底流(下)

45カ国が遮断制度化 発動要件、厳密なルール

[有料会員限定]

アニメなど日本のコンテンツの権利者が海賊版サイトのブロッキング(接続遮断)を求める世界初の訴訟が7月6日、オーストラリア連邦裁判所に起こされた。原告は豪配給会社マッドマン・エンターテインメント。現地で日本アニメの「セーラームーン」などの独占配給権を持つ。

同国は2015年に著作権法を改め、発動要件を厳密にすることで接続遮断を可能にする制度を作った。著作権の侵害を主な目的としている海外サイトなどに限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン