/

この記事は会員限定です

エーザイ、認知症薬に50億円

治験終了見据え先行投資

[有料会員限定]

エーザイは開発中の認知症薬の承認申請に先駆けて設備投資に乗り出す。約50億円を投じ工場に薬の主成分である「原薬」を作る設備を導入する。開発中の薬は認知症の原因物質とされるたんぱく質の発生を抑え、従来の薬では難しかった症状の進行を抑える効果が期待される。臨床試験(治験)終了後に素早く供給する体制を整え収益化を急ぐ。

鹿島事業所(茨城県神栖市)で2018年秋に着工し、20年の完成をめざす。生産するのはアルツハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン