/

この記事は会員限定です

ブロッキング 混迷の底流(上)

接続遮断 立ち往生の日本 NTTは実施方針

[有料会員限定]

NTTが実施を決めた海賊版サイトなど違法コンテンツのブロッキング(接続遮断)を巡り、賛否が割れている。遮断は憲法が定める通信の秘密を侵害するとの声が噴出する一方、著作権という私有財産の保護には遮断が不可避との意見も少なくない。ネットが当たり前のように国境を越える時代。法整備に踏み出した世界と比べ、日本は無策のまま立ち往生している。

「遮断すべき状況ではないと決議してほしい」(森亮二弁護士)「海賊版対策を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン