2019年3月20日(水)

外資ファンド、日本の不動産投資拡大 高値でも低金利で妙味

2018/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

外資の不動産ファンドが日本での投資を一段と拡大する。米ラサール・インベストメント・マネジメントが2020年までに日本の運用資産を2200億円増やす。香港系のESRも物流施設に投資するファンドを相次ぎ立ち上げる。日本を含め世界の主要都市の不動産価格は高騰しているが、国内では資金の借入金利が低く投資に対する利益を得やすいとみている。

ラサールは不動産に特化した運用大手で世界の資産残高は約6兆6千億円…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報