平家物語の弾き語りを研究会が公演

2018/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

後継者の激減で存続が危ぶまれる古典芸能「平家」の保存、継承に取り組む「平家語り研究会」が9月8日、紀尾井小ホール(東京・千代田)で若手演奏家による公演「平家物語の世界」を開く。

平家は琵琶法師による平家物語の弾き語り。鎌倉時代に始まり室町時代に全盛を迎えたが、明治に入って衰退。現在、正統な継承者は愛知県在住の今井検校(けんぎょう)勉師一人だけで弟子もいないという。

危機感を抱いた武蔵野音楽大学の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]