2019年2月20日(水)

仮想通貨、冷める採掘熱 半導体スーパーサイクル論に転機か

2018/8/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

仮想通貨価格の下落が半導体企業の業績に影を落としている。高速大容量のコンピューターを駆使し、仮想通貨の取引を承認する「マイニング(採掘)」熱が冷め、専用機器向け画像処理半導体(GPU)需要が減っている。半導体全体からみればごく一部の用途だが、仮想通貨バブルがしぼむと、通常サイクル以上に拡大が続くという「スーパーサイクル論」に影響が及ぶ可能性もある。

「今後の事業計画に仮想通貨は織り込んでいない」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報