/

この記事は会員限定です

仮想通貨、冷める採掘熱

半導体スーパーサイクル論に転機か

[有料会員限定]

仮想通貨価格の下落が半導体企業の業績に影を落としている。高速大容量のコンピューターを駆使し、仮想通貨の取引を承認する「マイニング(採掘)」熱が冷め、専用機器向け画像処理半導体(GPU)需要が減っている。半導体全体からみればごく一部の用途だが、仮想通貨バブルがしぼむと、通常サイクル以上に拡大が続くという「スーパーサイクル論」に影響が及ぶ可能性もある。

「今後の事業計画に仮想通貨は織り込んでいない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン