/

この記事は会員限定です

ロシア、カスピ海に先手

沿岸諸国と領有権などで合意

[有料会員限定]

ロシア、イラン、カザフスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャンのカスピ海沿岸5カ国が12日、カスピ海の領有権などで合意した。20年以上続いた論争がなぜいま決着したのか。この地域の盟主として影響力の保持を目指すロシアの思惑が浮かび上がる。

「これは疑いのない成功だ。不透明な世界情勢のなか価値がある」。カザフ西部のアクタウで開かれた首脳会談。ロシアのプーチン大統領は高揚感を隠さなかった。

「海」か「湖」か

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン