/

この記事は会員限定です

安定ヨウ素剤配布、63%

県、原発5キロ圏内の住民に

[有料会員限定]

新潟県は、東京電力柏崎刈羽原子力発電所から約5キロメートル圏内の柏崎市民や刈羽村民への安定ヨウ素剤の配布状況を公表した。2015年9月から配布してきたものが今月末に使用期限を迎えるのに伴う更新にあたる。まずは両自治体の対象者のうち、6月から8月にかけて63.4%の住民に配布した。

6月23日から8月12日までの間に13会場、19日間で配布説明会を開き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン