/

この記事は会員限定です

不要な細胞で再生医療

歯髄やへその緒活用 JCRなど

[有料会員限定]

骨髄由来の幹細胞を使うことが多かった細胞薬品の開発に変化が訪れている。中堅製薬のJCRファーマ帝人は歯の神経である歯髄、日本トリム傘下のヒューマンライフコード(東京・千代田)と東京大学はへその緒(さい帯)を使った医薬品の臨床試験(治験)を始める。骨髄の採取は提供者(ドナー)の身体的負担が大きい。これまで捨てていた歯髄やへその緒など入手しやすい細胞を活用し、一般的な治療手段に育てる。

JCRファーマと帝人は歯髄由来の幹細胞を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン