2018年11月19日(月)

5Gで多数の機器接続 情通機構、1平方キロに200万台

2018/8/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

情報通信研究機構は次世代通信規格「5G(第5世代)」で、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」に欠かせない基盤技術を開発した。1平方キロメートルあたり200万台もの機器を同時につなげ、遅延時間もほとんどない。企業と連携して2020年以降の実用化を目指す。

5Gは20年前後の商用化が期待されている。自動運転や遠隔医療、IoTなどの用途では、事故などの要因にならないように多数機器の同時接続と遅延時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報