/

この記事は会員限定です

生分解性プラ、海中でも分解

群馬大、少ない酸素で機能 東大、微生物の合成利用

[有料会員限定]

海に漂流するプラスチックが問題になるなか、海中など自然環境に流出しても分解する「生分解性プラスチック」の研究開発が進んでいる。群馬大学は酸素が少ない環境でも壊れるよう工夫し、海底でも分解できるようにした。東京大学は微生物にプラスチックを作らせ、化粧品や研磨剤にも使えるようにした。海に流出しやすい買い物袋や食品容器など日用品向けに応用を目指し、プラスチックゴミによる海洋汚染の防止に役立てる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン