市民もアプリで古文書読み解き
科学者と協力 膨大な量解析 災害記録 現代に生かす

2018/8/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

全国に散在する古文書は、難解なくずし字がネックとなり、国文学や歴史学の研究者以外にあまり活用されてこなかった。近年、手軽にくずし字を学べるウェブアプリが登場、読解力のある市民が育っている。研究者と協力して死蔵されていた古文書に取り組み、成果を上げる例も出てきた。

くずし字普及へ

今月4日、国立極地研究所(東京都立川市)の一般公開が行われた。南極探査や北極の研究で知られる施設だが、人だかりができたの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]