/

この記事は会員限定です

有望市場 リスク露呈

進出狙う日本勢に冷や水

[有料会員限定]

中国には日本のゲームやアニメファンも多いといわれ、日本のゲーム各社は有望市場として市場の開拓に取り組み始めたところ。ただ今回の配信停止で不透明な事業環境が改めて浮き彫りになり、出ばなをくじかれた格好だ。

スマートフォン(スマホ)向けゲームのライセンスを供与しているコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長は「中国のゲーム市場は3兆円といわれ、成長率も高い」と期待する。実際、市場規模はこの10年で20倍近く膨らんだ。

セガゲーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り453文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン