/

この記事は会員限定です

売り場にVR 商品体験

家具・壁紙などイメージ、ネット通販に対抗 高島屋やフランフラン

[有料会員限定]

小売り各社が仮想現実(VR)や拡張現実(AR)といった技術を使い、消費者が商品を疑似体験できる仕組みを相次ぎ導入している。高島屋が百貨店として初めて家具売り場にVRを導入するほか、スマートフォン(スマホ)で商品を実感できるようにする試みが増えている。米アマゾン・ドット・コムなどのインターネット通販には無い体験を提供し、消費者の満足度を高める狙いだ。

高島屋は8月下旬に日本橋店(東京・中央)の家具...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン