/

この記事は会員限定です

がんや再生医療、成長分野に集中

関西の製薬各社、経営効率化急ぐ

[有料会員限定]

医薬業界では薬価引き下げや後発薬の普及で各社の収益力が低下している。関西に拠点を置く製薬会社は成長領域への経営資源の集中やIT(情報技術)活用などによる経営の効率化を進めている。

大日本住友製薬は2016年度以降、MRや生産部門などを対象に希望退職を募集し、380人が応じた。成長領域と位置づける再生細胞医薬やがん分野では、研究者や生産部門を中心に20人近く新規採用した。

田辺三菱製薬は15年度に6000人強だった国内人員を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン