/

この記事は会員限定です

猛暑、燃料商社に恩恵

ガソリンの体積が膨張 入荷時よりかさ増え利益

[有料会員限定]

帰省や行楽にクルマ利用が増える夏はガソリン消費量が1年の中で最も増える。給油所や燃料商社にとっては稼ぎ時だ。今年の猛暑はエアコンの利用も増え、いつも以上にガソリン消費を押し上げている。さらにもう一つ、今年ことさらに注目されているのが暑さで膨らむガソリンの性質だ。

「猛暑はうちみたいな商社にとって大歓迎」――。都内の商社の担当者はほくほく顔だ。ガソリンは温度が上がると体積がわずかに膨張する。気温上昇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン