/

この記事は会員限定です

米企業、対中投資で苦境に

グローバル・ビジネス・コラムニスト ラナ・フォルーハー

[有料会員限定]

国家安全保障が外資の対米投資を左右する重要な要素となった――。このほど米議会を通過した外国投資リスク審査近代化法(FIRRMA)の要点を一言で言えばこうなる(編集注、新法はトランプ大統領が13日に署名し、成立した)。

政府の独立組織、対米外国投資委員会(CFIUS)は1980年代以降、外国企業の対米投資に安全保障上のリスクがないかどうか審査してきた。これまでは潜在的なリスクより利益を重視する傾向に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン