/

この記事は会員限定です

作物病害 衛星から発見

北大発ベンチャー、バナナで実験 大規模農場を開拓

[有料会員限定]

北海道大学発ベンチャーで超小型衛星の商用化に取り組むポーラスター・スペース(札幌市)は衛星データを用いて農業現場の課題を解決する。主に東南アジアのバナナやパーム油などの大規模農場で、生育状況や土壌の情報を集め解析。病気を早期に見つけて感染拡大を防ぐほか、肥料や農薬の使用量の最適化につなげる。2019年にサービスを提供する。

衛星データを農業の現場で活用するのは世界的な動き。ポーラスターが従来と違う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン