/

この記事は会員限定です

国連分担金 日本3位に

19~21年試算 中国に抜かれ後退

[有料会員限定]

【ニューヨーク=高橋里奈】国連の分担金委員会は14日、2019~21年の通常予算の国別分担率の試算結果を発表した。中国が米国に次ぐ2位に浮上し、日本は3位に後退する見通しとなった。国連平和維持活動(PKO)予算でも16年に日本は中国に抜かれている。中国の国際社会での発言力が一段と増しそうだ。

分担金は国民総所得(GNI)など各国の経済指標を基に3年に1度改定している。分担金委員会の試算をもとに、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン