2018年12月13日(木)

まごころタウン静岡、見守りセンサーで手厚く AI予測、介護負担も軽減

2018/8/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

介護サービスや介護関連商品を手がけるインフィック(静岡市)の子会社が運営する特別養護老人ホーム「まごころタウン静岡」。あらゆるモノがネットでつながる「IoT」技術を使って、入居者の運動量などを観測し、体調の異常を察知すれば従業員に通知する。入所者のケアを手厚くするとともに従業員の負担を軽減している。

部屋の壁に取り付けられた見守りセンサー「ラシク―ルーム」。温度や湿度、照度、高齢者の運動量などを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報