2019年9月16日(月)

地銀、「不良債券」処理を開始
米金利上昇で外債の価値目減り 赤字覚悟、損切り急ぐ 

2018/8/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

地方銀行が保有する外国債の処理に重い腰を上げた。米国などで金利が上昇し価値が目減りした上に、外貨の調達コストが上がり、持っていても損失を生む"逆ざや"が出始めたからだ。上場地銀80行・グループは損失覚悟で売却した結果、2018年4~6月期の債券売買の赤字額が前年同期比8倍に急増。金融庁も今期決算から新規制を導入し「不良債券処理」を促し始めた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。