/

この記事は会員限定です

香港独立派、活動禁止でも「立場変えず」

講演で主張 政府や親中派と対立激化

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港の独立を訴える急進的な政治団体「香港民族党」の創設者、陳浩天氏が14日、香港外国記者会で講演した。「どんな困難に遭遇しても私は立場を変えない」と述べ、香港政府が検討している活動禁止命令に屈しない姿勢を示した。香港政府は国家の安全を脅かす恐れがあるとして9月にも同党の活動を禁じる方針で、対立が先鋭化しそうだ。

講演会をめぐっては中国外務省や香港政府が中止を求め、民主派が「言論の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン