/

この記事は会員限定です

目の疾患 AIで検出

「アルファ碁」開発の英社 熟練医師並みの精度

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の英ディープマインドは13日、目の疾患を熟練の専門医師と同程度のレベルで検出できる人工知能(AI)システムを開発したと発表した。同社は2016年に世界トップ棋士を破った囲碁AI「アルファ碁」を開発したことで知られるが、医療の分野でもAIが存在感を発揮し始めた。

米医学誌のネイチャーメディシンを通じて発表した。50以上の目の疾患を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン