/

この記事は会員限定です

1次産業、企業参画進む

農家の人手不足背景 近畿、5年で15%減

[有料会員限定]

人手不足や高齢化が進む農業など第1次産業。農林水産省によると、近畿の農家数は直近の2015年時点で22万戸と5年前から15%減った。関西企業も生産者を支援したり、自ら生産に参入したりして、原料の安定調達に乗り出す動きが広がっている。

伊藤ハムは北海道の協力農場などと組んで子牛を産む雌牛の飼養頭数を7000頭と現在から約8割増やす。海外から和牛の人気が出る一方、子牛を生産する繁殖農家の減少に対応する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン